主張的なもの

テレビの壁掛けをあきらめてテレビスタンドにしたらけっこうアリだった

テレビ

壁掛けのテレビってなんか憧れませんか?

テレビ台がいらないので部屋もスッキリ!

部屋も広く感じるでしょう。

そして何よりオシャレ。

オシャレで金持ちの家ってたいていテレビを壁掛けにしてれるイメージです。

僕もずっとテレビの壁掛けに憧れてて、次に新しいテレビを買うときは壁掛けにしてやる!って思ってました。

でも最終的にテレビの壁掛けは諦めて、テレビスタンドにしました。

これがけっこうイケてました。

テレビスタンドの実力

まあ、まずは見てみてください。

テレビスタンド1

こんな感じに設置できました。

テレビ台に乗ってないので周りはスッキリ!

テレビスタンドの後ろにコードを通すくぼみがあるのでコードもうまいことテレビスタンドの後ろを通っています。

コンセントまでは隠蔽用のモールをつけてみました。

テレビスタンド2

ちなみに録画用のHDDもテレビスタンドの後ろに隠れています。
結束バンドで固定しています。

テレビスタンド3

地震があっても大丈夫!ワイヤーが付属しているので壁にしっかり固定できます。

テレビスタンド4

良さげじゃね?

 

テレビの壁掛けが難しい理由

頭を抱える

テレビの壁掛けって実は気軽にできるものではないのです。

ざっと理由をあげてみると

  • どこにでも設置できない
  • けっこう設置費が高額
  • 配線も見えないようにするのは別途料金
  • 素人がDIYで設置するのは不安
  • 賃貸はもちろんムリ!

どこにでも設置できない

まずどこにでも壁掛けできるわけではありません。

当然テレビの重さを支えることのできる壁でなくてはならないので、壁掛けしたい壁の強度、下地の有無を調べなくてはなりませんし、場合によっては補強もしなくてはなりません。

けっこう設置費が高額

ソニーストアの壁掛け設置代金を例にすると、

壁に補強をしなくていい場合は5200円~

壁を補強しなくてはならない場合は69000円~

と、けっこういい値段がします。

もちろんインチ数が大きいほど料金は高くなります。

配線も見えないようにするのは別途料金

せっかく壁掛けにするんだったら、配線も見えなくしたいって考えるとおもいます。

コードが「だらーん」ってなっていると全然オシャレじゃありませんよね。

そのためにはコンセントの位置を変えたり、壁を一度はがしたりしなければならないので、さらにお金がかかります。

素人がDIYで設置するのは不安

ネットで調べてみると、素人でも壁掛けできるよ!ってやり方とか説明してくれてるサイトとかあるんですが、普段DIYとかやらない人にはハードルが高いです。

僕も自分でやろうかと考えましたが、「もし落ちたらどうしよう」って考えると不安になってあきらめました。

落ちたら確実にテレビは壊れるし、近くにいたら怪我をしてしまうでしょう。

まして、うちには小さい子どももいるのでなおさらです。

賃貸はもちろんムリ!

壁に穴を開けなければならないので難しいです。
あまり大きくないテレビでしたらホッチキスで取り付ける金具もあるようです。

テレビスタンドなら解決!

OK

テレビの壁掛けはハードルが高いことはわかっていただけたとおもいます。
でもテレビスタンドならこのハードルをすべて飛び越えてくれます。

工事費不要!

もちろんテレビスタンドなら工事が不要です。

一人でも30分あれば組み立てられますし、簡単です。

テレビスタンドの購入費用のみでテレビがスタイリッシュでおしゃれに変身できます。

値段も安い!

値段はロータイプで楽天でだいたい16000円~17000円くらいです。

壁掛けするより断然安いです!

ロータイプハイタイプがありますが、ふつうにソファに座ってテレビを見るぶんにはロータイプでOKです。

配線も見えなくできる!

テレビスタンド8
テレビスタンドのうしろにコードを通すためのくぼみがあるので配線を見えなくすることが可能です。
配線を束ねるコードブラケットもついているので、きれいに収納できます。
また、磁石付きの電源タップならくっつくようになっているのですごく便利です。

高さの調節もできる!

一度壁掛けをしてしまうとテレビの高さは調節できません。

しかし、テレビスタンドなら高さの調整も5cmずつ5段階で調整が可能です。
テレビスタンド7

また別売りで棚板が売っています。

DVDプレーヤーなんか置くときに便利です。
高さも無段階で調節が可能になっていて好きな高さに固定できます。
こちらは5600円くらいから売っています。

テレビスタンドのここに注意!

テレビスタンドについて注意しなければならないことをあげておきます。

1.DVDやブルーレイレコーダーなどを置くときははみ出す可能性

テレビスタンド5

別売りの棚板にブルーレイレコーダーを置こうと思って購入しましたが、
我が家のブルーレイレコーダーは見事にはみ出しました。
まあ、あまり使用頻度が少ないのと、録画はHDDを使用するようになったので使いたいときにだけ引っ張り出してくるスタイルにしました。

プレーヤーなら小さいので置けるとおもいます。

あと、ホームシアターなどのサウンドバーもおそらくはみ出てしまいます。

2.対応していないテレビは付けられない

まずインチ数は32~60Vまでで、重さが40Kg以下のものが付けられます。

あとは背面の穴の位置や数などで制限がありますが、比較的新しいテレビなら大半は取り付けられるのではないでしょうか。

取り付けられるかは下記のURLから確認できます。
https://wall-xyz.com/product/checksheet.php

壁掛けよりテレビスタンドがおすすめ

壁掛けは憧れるけど工事費は高いし、取り付ける場所に制限があるしでなかなか難しい場合が多いです。

その点テレビスタンドなら安く、簡単にスタイリッシュなテレビにすることができます。

「壁掛けにしたいけど、値段がなぁ…」

って人はぜひテレビスタンドにすることを考えてはいかがでしょうか。

我が家はテレビスタンドにして大満足していますよ!!